西日本監査法人

本文へジャンプ
アクセスのページへリンクのページへお問い合わせのページへ
法人概要のページへ業務案内のページへ採用情報のページへガバナンス・コードのページへ
トップ採用情報トップ>採用情報Q&A
ここから本文

採用情報Q&A

イメージ画像

Q1. 最近の常勤の公認会計士、試験合格者の採用人数はどれくらいですか?
Q2. 出張はありますか?
Q3. 残業はありますか?
Q4. 公開会社の監査を担当できますか?
Q5. 監査業務以外にどのような業務がありますか?
Q6. パソコンを使う機会は多いのですか?
Q7. 教育システムは整っていますか?
Q8. 実務補習所に行く時間はありますか?
Q9. 給与システムはどうなっていますか?
Q10. 設立が浅いということでデメリットはありますか?
Q11. 職員旅行はありますか?



Q1.
最近の常勤の公認会計士、試験合格者の採用人数はどれくらいですか?
A1.
平成26年 試験合格者 2名、平成24年 試験合格者 1名、平成23年 試験合格者 1名、平成22年 試験合格者 1名、平成21年 公認会計士 1名 です。

Q2.
出張はありますか?
A2.
担当するクライアントによっても異なりますが、出張はあります。出張をどうしても避けたいという方には配慮しています。

Q3.
残業はありますか?
A3.
決算監査が集中する繁忙期は残業があります。

Q4.
公開会社の監査を担当できますか?
A4.
すべての監査職員が公開会社の業務に携わっています。現在、公開会社6社の監査を行っており、今後も増えていく予定です。

Q5.
監査業務以外にどのような業務がありますか?
A5.
財務調査や経営計画構築支援など、監査以外の業務を行っています。やる気があれば幅広い経験や知識を身に付けられる環境にあります。

Q6.
パソコンを使う機会は多いのですか?
A6.
スタッフ全員にノートパソコンを貸与しており、業務でパソコンを使う機会は多いです。

Q7.
教育システムは整っていますか?
A7.
会計基準の改正等に応じて社内研修を実施しています。また必要に応じて外部研修に参加するなど、CPEの履修ができるよう配慮しています。

Q8.
実務補習所に行く時間はありますか?
A8.
実務補修所への出席を最優先としています。

Q9.
給与システムはどうなっていますか?
A9.
月給制を採用しています。毎年査定を実施し昇給・賞与に反映させています。

Q10.
設立が浅いということでデメリットはありますか?
A10.
組織として発展途上な面はありますが、監査業務や品質管理、教育は十分であり、デメリットはありません。

Q11.
職員旅行はありますか?
A11.
年1回職員旅行を実施しております。最近の実施状況は、平成26年宮古島、平成24年沖縄、平成22年神戸、平成21年台湾、平成20年北海道、平成19年上海、平成18年台湾、平成17年韓国となっています。(写真は宮古島の海です)


←トップページへ ↑ページの先頭へ

ホットライン  サイトマップ
採用情報
採用担当からの声
先輩からの声
採用情報Q&A
Copyright(c) 2008 Nishi Nihon Audit Corporation. all Rights Reserved.